幼児のおもちゃの選び方

大人になっても忘れられなかったり、捨てられないおもちゃがある人もたくさんいらっしゃいます。
そしてそれは、必ずしも高価な物とは限りません。
そんな長く楽しめるおもちゃを子供にも与えたいけれど、何を選んだら良いか迷ってしまうものです。 
乳児に比べると、幼児には好みが強く出てきます。 興味や関心を伸ばし、夢中になって遊ぶことで集中力を養う時期でもあります。
選び方で最も重要な点は安全性です。部品による怪我はもちろんのこと、まだまだ舐めたりすることもある時期ですので素材にも気をつけたいところです。また、丈夫であることも、安全のためはもちろん、物を大切にする習慣を身につける上で大切なことです。
人気があるテレビアニメのキャラクター商品は幼児にとって魅力的ですが、あらかじめ設定が決まっている商品ばかりでは想像力が育ちませんので、シンプルで、工夫次第で色々な遊びができる商品も選びましょう。

育児ベビー用品の選び方
シンプルな商品は、ただ与えるだけでは喜ばないこともあります。
与えることで育児の手間を軽減するというよりは、親が一緒に遊び、世界を広げてあげることが必要です。 
天然木や布などの素材に触れることも良いことです。
知育玩具も数多くありますが、知育の部分で熱心になりすぎると逆効果になります。
あくまでも主役は遊びであることを忘れないようにしたいものです。 
家庭で保管できるおもちゃの数には限りがあります。多くを持ちすぎても、片づけが大変なだけでなく愛着も沸きません。 
過ぎてしまえば、あっという間の幼児期です。上手に選んで、親子ともに楽しく過ごしましょう。