レンタル期間の超過

CDやDVD、車などレンタル品には期間が決められており、その期間を超えてしまった場合は、延滞料金の対象となってしまいます。延滞料金を払うことになると、相当高い値段を支払うこととなる場合もあるので、出来る限りレンタルの際は期間を超過しないようにしなければなりません。

超過してしまった場合はその次の日からお金を追加されることとなり、知らぬ間に1000円を超えていたなんてこともあります。特にCD等のレンタルで起こりやすいことで、期間を超過して延滞料金の対象となることがあります。

期間は最初から決められており、この日までに必ず返して下さいということも、前もって伝えられることとなります。絶対オーバーしないように気をつけてレンタルをはじめることとなりますが、忘れてしまって、レンタルが決められた期間以上の状態になっているということもあります。いつの間にか長い間借りており、返す時に延滞金が凄く発生していたなんてこともあるので、危ないと感じたら早々に返却した方が良いです。

期間が経過してしまってから返しても意味はないので、ただちに手をつけておくこととなります。

どうしても過ぎてしまった場合は、速やかに返して延滞金を抑えておく必要があります。延滞金が多くなってしまえば、返すだけでとんでもない金額となってしまうから、早めに返すことで延滞金を抑えておきます。多くのレンタル店で、1日経過すると延滞金がプラスされるようなシステムとなっているので、それを超えないように気をつけておくことが最重要となってくるのです。

延滞金が少しでも発生するようなことを避けることが、一番のポイントです。

常にレンタル期間を見ておくことが重要となりますが、それを忘れてしまうことも当然出てきます。忘れてしまった場合は、当然延滞金の対象となり、支払う金額が後から多くなってしまうことを覚悟しなければならなくなります。レンタルを利用する際は、期間を上回らないように気をつけることと、気付いた時すぐ返すことです。