肉体にも精神的にも成長の過渡期である中学生の教育について

人間の成長には大きな波があり、特に中学生というのはいろんな面で変化のときです。身体が成長するのにしたがい、考え方も変化してくることがあれば今まで少しも考えていなかった事を考える時期でもあります。勉強が好きになる子供もいればそうではなくなる子供もいます。目指すべきものが決定する人もいれば、遊びだけを考えたりおしゃれや異性を大きく意識したりする年代でもあります。

こんな難しい中学生ですが、こういった過渡期にちゃんと教育することができれば将来は相当に有望となります。中学における教育は学校が主体になるとはいえ、学校に任せきりにするのもさほどよいものではありません。それで子供の成長を見守ると共に時には子供と話をしてメンタル面でのてほどきをすることができます。悩みや進路については迷うことがたくさんある年頃ですので親としては相談にのることは大切なのです。

また付加的である教育を受けることにするかどうかは親子で会話して決めることになるのですが、塾に通うのか、家庭教師を呼ぶのか、あるいはウェブでのレッスンを受けるのかなどなどいろいろな教育を受ける方法がありますので検討可能です。

思春期である中学生という立場は微妙なもので、大人のような感じを受けることもあればまだまだ子供の印象を受ける場合もあります。大人の感覚が芽生えてくる時期であり、肉体的にもいろいろな変化を経験してきますので、そうしたことで戸惑ってしまうことがあるかもしれません。そうしたことは感情的またメンタル面の動揺になったりしますし、不明なことがたくさんあり、教えてもらわないと理解できないことでもあります。

特に性については敏感な問題とはいえ、ちゃんとした教育を身につけないとインターネットによって悪い影響を受けてしまうかもしれません。中学生がそういった画像から受けるものはかなり強いものがありますので、異性について間違った考えを持つことがないように、必要であれば教育することが必要になるかもしれません。両親として学業だけではなく、中学生という微妙なポジションゆえに必要になる様々な教育に敏感でありたいものです。